現場施工NOW!

現在施工しているリフォーム現場にて。

玄関の土間タイル施工。

おがくずを撒いて、タイルの表面の汚れや通常の掃除では取れにくい汚れを

おがくずに吸着させ、落とすという作業。

だんだんと、きな粉のような色から黒くなっていくのですが、その吸着力がすごい!

昔ながらの施工方法を見ながら、先人の知恵は「ハンパないな!!」と思った瞬間でした。

余談ですが、職人さんが、のこくそ、のこくそと言うのでなんなんだろう・・・と

思ったのですが、のこくそ(=おがくず)という、東部の方言らしく、

その土地土地での言葉もまた面白いなぁと感じたのと

分からない単語でた!と恐怖でおののいていた現場担当でした。

 

 

住宅改修施工事例

先日、手続きを経て住宅改修工事を行いました。

手すり設置、階段の滑り止め材施工のほかに、今回初めて施工をした

浴室内の滑らない床材の施工。

タイル貼りの浴室の床の上にそのまま貼っていく材料となります。

改修前

改修後

 

商品名:東リ バスナフローレ

①素足で触れてもひやっとしにくく、

②表面の微細な凸凹が足裏にフィットし水にぬれても滑りにくい構造

③クッション性があるので、転倒時の衝撃を和らげ、

④特殊加工により、シート表面に水玉ができにくく、表面の乾燥を早める、水はけがいい

4つの優れた特長をもったシートです。

お客様からは、4つの機能を体感されたようで、これいいね!と。

手すりも新たに取付け、滑りにくい床材で安心感が増したと、大変喜んで頂きました。

私も、現場で歩いてみたのですが、イメージとしては、プールや大浴場からあがった時に、

歩くプラスチック?みたいな柔らかい床のような感じです。(伝わらなくてごめんなさい・・・。)

もし住宅改修で、タイル床で悩んでいらっしゃる方は、こちらの方法もいかがでしょうか?

住宅改修施工事例でした。

お風呂・脱衣室リフォーム

リフォーム前

お風呂のリフォームの現場です。薪で焚くお風呂でした。洗面台からお風呂までの動線が長く、

お風呂のタイル、足元のひんやり、清掃性を気にされていました。

リフォーム後

お風呂は、TOTO・サザナ1317を採用していただき、足元のひんやりをほっカラリ床で、

畳のような柔らかい感触で冷たさも感じにくく、清掃性も向上し、喜ばれています。

洗面台は、タカラ・トールキャビネット エリーヌと洗面化粧台 オンディーヌを採用。

鏡面扉タイプのトールキャビネットは、姿見として使え、中の収納も充実しています。

洗面化粧台は、水栓を壁出しタイプにし、水垢汚れ等を付きにくくしています。

既存の床との取り合い部分も、新しい脱衣室と高さを揃えバリアフリーにしています。

部屋の内装を木目調のクロスにし、暖色系の照明で温かく柔らかい空間に仕上がりました。

施工例【外構工事】2017年パート2

 

今回は、車いすでも出入りしやすいスロープ・外構工事の現場を紹介します。

住宅は他社さんが建てられており、弊社では外構工事のお仕事をさせて頂きました。

 

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

近年、高齢化社会が伴いバリアフリーの外構工事も少しずつ増えてきました。

年を重ねるにつれて足腰は弱くなり、若いころは平気だった階段や段差がだんだんと辛くなり、

気づけば外出前の一苦労になっていませんか?

そんな時は一度アプローチを見直してみてはいかがでしょうか。

 

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

【外構工事のリフォーム施工例】

 

◎工事前の写真

 

 

◎工事風景

 

 

 

◎完成後の写真

   

  

 

玄関前のアプローチ部分や階段の手すりは安全面からご年配の方がいらっしゃる

ご自宅の設置はおすすめです。

設置することで日々の暮らしがより一層安心なものになると思います。

スロープ部分にも工夫があり車いすの補助される方やご年配の方のために勾配を軽減したり、

夜間の帰宅時も安心なように足元を照らすガーデンライトも設置してあります。

 

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・–・-・-

 

 

 

主様のご希望で焼き物のタイルをワンポイントとしてつけています。

この焼き物のタイルは江津市の嶋田窯さんで作っていただきました。

 

弊社ではご自宅の敷地の形状やご利用シーンに合わせてバリアフリーに関する

外構工事をご提案致します。

施工例【外構工事】2017年パート1

 

【外構工事のリフォーム施工例】

 

工事前

IMG_2116 IMG_2118

抜いても、抜いても生えて来る雑草、除草剤を使えば簡単なのは分かっていても、

家族やペットへの影響、ご近所への配慮などから躊躇してしまうという方は案外多いものです。

 

 

工事後

IMGP4485 修正2

工事前と比べ外観の印象は明るくなり家の雰囲気に合った素敵な玄関廻りに変身しました。

コンクリート施工と比べると費用は上がりますが、普段目にする機会の多い玄関部分ですので、

オシャレなデザインしてみるのもいいと思います。

埋め木家具

 

 みなさんは「埋め木」ってご存知ですか?

 

【説明】

古くからある建物は、その長い年月で廊下や柱などに亀裂や穴が生じるもの。

 

その部分を補うために昔の人は木片をはめるだけではなく縁起ものや動物など、

 

ちょっとした遊び心も盛り込んだ木片をはめる修繕方法が「埋め木」といいます。

 

 

今回、埋め木の手法で家具を作ってみました。

お客様がハートがお好きだったので今回はローテーブルの足の部分にハート型の

埋め木を取り入れてみました。

ハートの部分を色の濃い木材で埋めることでハートがより際立ちます。

素敵なテーブルが完成しました

ハート机 DSC_0249

 

家具に統一感を出すために本棚にもハート型を取り入れました。

本棚の前部分はアーチでその真ん中にハートのくり貫きをしてみました。

見た目も可愛くて沢山収納ができます。

DSC_0244

 

本棚やテーブルもとても可愛い仕上がりになりました。

 

今回使用した木材はタモです。タモはとても柔軟性があり、

歪みが生じにくい木材で曲げ加工に最も適しています。

また、野球のバットにも使われるように頑丈さも持ち合わせているので

多くの椅子やテーブル、キャビネットなどの家具に用いられます。

 

 

 

混ぜ葺き屋根

 

先日ブログで書きました新築の現場の棟上げが20日に無事に終わりました。

 

今日は左官さんが屋根工事をしています。

 

DSC_0056

 

 屋根に使用している瓦は石州瓦の花梨と楓です。

 今回は2種類の瓦を使用しています。

 

DSCN1717

 

 2類以上の瓦を葺く時の手法を混ぜ葺きといいます。

 

わざと焼ムラの付いた瓦を並べ、屋根を葺いていきます。

 

こうすることによって変化に富んだオシャレな屋根が出来上がります。

 

混ぜ葺きは職人さんのセンスが問われる作業なので

 

できるだけ自然でなおかつランダムにしていきます。

 

混ぜ方次第で見え方も変わってきますのでとても重要な仕事です。

 

完成が楽しみです!!

 

 

 

 

棟上げ

 

今日は新築の棟上げをしています。

 

先月から工事が始まり大工さん左官さん暑い中

 

今日も一生懸命頑張っております。

 

 

DSC_0049

落ち着くナチュラルキッチン!

 O様邸のキッチン。吹き抜けでアイランド型キッチンになっています。

梁や、シーリングファン付の照明。和と洋が融合して落ち着く空間です。

IMG_0367

内部完成!襖と畳

昨日、A様邸の内部工事が完了しました!

シックな色合いで揃えたお部屋です^^

IMG_0309

 

隣の部屋は畳の部屋!

IMG_0312

襖紙を洋室の部屋と揃え木目調にしました。

濃い木目色と畳。とても素敵でした。

工事も残す所、外部工事のみです!^^

 

次ページへ »

有限会社 石田工務店 〒695-0001 島根県江津市渡津町880  TEL 0855-52-4124 FAX 0855-52-4143 MAIL info@dream-i.info
島根県江津市の住宅設計、建築、工務店探しは石田工務店へお気軽にご相談ください。
住宅設計・建築・工務店・リフォーム・和風・洋風/木工・工芸/アート家具、オーダー家具、木の夢考房/石見・江津・子育て・夫婦・老後・島根/